3月のライオンと性欲につきまして

クーイロ木田です。

f:id:kuuiro-kida:20170525184428j:plain

3月のライオン、観ました?
私は観ました。

 
今から盛大にネタバレをすると思うので、気を付けてくださいね。
また、映画の感想を好き勝手書くので
作品の世界観を崩したくない方も気を付けてください。


あれは大変な映画ですよ。
もう前編観た時から思ってたんですけど、
「登場人物、有村架純以外性欲なさすぎ」
いやほんとに。


まず主役。神木きゅん。イイですよね。ひたむきに将棋してて。
この神木きゅんのとこ(一人暮らし)に義理の姉である有村架純きゅんが突然押しかけてくるんですよ。
この有村架純きゅんがクセモノでして、嫌な役なんです。幼い頃から暴言の嵐。もちろん押しかけてきても暴君なんです。好き放題。気付いたらストッキング脱いでるし。隙あらば意地悪なこと言うし。
でも神木きゅんくらいのお年頃なら、有村架純きゅんレベルの女の人が家に上がってきたら、どうよ?少しは緊張しちゃうんじゃないの?ん?
まぁ元から神木きゅんはタジタジしてるキャラクターだし、緊張してんだかしてないんだか。
そのまま泊まるんです。有村架純きゅんが。
いくら義理の姉とは言えども一大事ですよ。
しかも暴君有村架純きゅん、勝手にベッドを使うんです。ひゃーいいですね。
そして寝る間際、神木きゅん有村架純きゅんの不倫問題について少し触れます。
「やめておきなよ、あんな男」だなんてベタなセリフだけど、神木きゅんが言うといい感じ。それを聞いて有村架純きゅんが泣き真似?をするんですよ。あれ?泣いてんのかな?笑ってんのかな?的な。そして神木きゅんがベッドの有村架純きゅんに近付くと、有村架純きゅんがふふっと笑って「おやすみ、れい(作中の神木きゅん)」って囁くんです。えっっっっろ。寝れねー寝れねー。寝際にそんなんされたら寝れたもんじゃねー。でもまぁ寝るんですよ神木きゅん。おかしいやろ。寝れるんかい。


先程触れた有村架純きゅんの不倫問題。
相手の男は男性ホルモンむんむんな方。一見「おっ?こいつは性欲あるな?」って思うんですけど。なんかこの人は植物人間状態?の奥さんがいて。なんかお見舞いに通いつめてて。あーこの人有村架純抱いてないなって。有村架純がすり寄ってるだけでそんなに抱いてないなって。思ったんですね。
さらに後編では将棋のために有村架純きゅんを突き放すんです。
「鍵を置いてここから出て行け」と。
有村架純きゅんがご飯作ってくれんのに?ありがたみを感じなさいよあんた。
というわけでこの人も性欲なし、と。
ここらへんで「将棋に関わると性欲なくなる説」が私の中でほぼ確定になりました。


主役の神木きゅんは酔い潰れたところを見知らぬ女に拾われて食事を与えられるんです。いいなー私も拾いたい。
まぁこの女も苦労人で。母が亡くなり父が出て行き、妹二人のために自分が母となって頑張るんですよ。神木きゅんに弱いところとか女っぽさをチラつかせつつも、とりあえずエロい感じはしなかったから、まぁ性欲なしで。
あと妹二人はね、まだ、ね、ないでしょう。性欲なしということで。


神木きゅんの師匠となる佐々木蔵之介は、将棋にのめり込みすぎて身体削ってる感じあるし、ないでしょう。
神木きゅんの友人である染谷翔太も、なんか身体弱いらしいし、ないでしょう。
こう考えると、性欲は健康な身体に溢れるものなんじゃないかなぁって、勉強になります。
あと加瀬亮きゅん。彼は妖精さんだからなし。
佐々木蔵之介加瀬亮神木隆之介はみーんな和装が似合ってて最高だったなぁ。それだけで美味しい映画だった。

あとは先生としてちょこっと出てくる高橋一生きゅん。ほんとヒゲやめなって。そのチョビッとしてるヒゲ。絶対ダメだって。あと高橋一生きゅんは半袖ダメ。せめて7分袖で抑えてほしかった。彼は軽い感じで生きつつ生徒(主に神木きゅん)のことで頭がいっぱいだから、なし。


神木きゅんのお父さん。
彼もね〜もう性欲どころではない。
そんなことより我が子たちの反抗期がキテる。ヤバめ。あいつが育てると100%捻くれるのな。もう、頑張ってよパパ。
ちなみにこの方は後編で有村架純きゅんにこう言います。

「将棋は人から何も奪わない」

おいおーーーーい!!性欲!!
奪われてるよー!!!
誰か教えてあげてーーー!!!
そんな感じで彼も性欲なし。


ね?みんな性欲をなくしてるでしょ?うら若き青年から脂の乗った中年まで、みんな性欲が…
…ん?

f:id:kuuiro-kida:20170525184428j:plain

f:id:kuuiro-kida:20170525184440p:plain

 

f:id:kuuiro-kida:20170525184443p:plainf:id:kuuiro-kida:20170525184522j:plain



お、おじいちゃん…!!

どうなんだろ、考えたくないのでこの件は保留で…

ということで、何かに本気で心を燃やしてる人は性欲も燃え尽きてしまうのかなって話でした。
まぁ、私は、何かに打ち込みつつやるときはやる人の方が好きです。えへへ。

それでは失礼しました。

 

 

 

胃がいくつあっても足りない

疲れている。

 

最近あまり仕事がうまくいっていない。

いや、細かく言えば、会社がうまくいっていない。

 

私の勤め先は、社員が3人しかいない。

あと社長が1人。

60を超えたおじぃさん。おじさんとおじいさんの境目くらいだ。だからおじぃさん。

入社当時は居心地が良かった。この人数だからか、昼ご飯は社長が作り、みんなで食べていた。アットホームを通り越して家族のようだった。

だが、ちょっとずつ、ちょっとずつ、おや?と首をかしげる回数が増えてきた。

 

会話が、通じない…?

 

社長が出した指示を、社長が覚えてない…?

 

社長、メール見てます…?

 

社長、このデータ、送らされるの3回目ですよ…?いや、送りますけど

 

社長、コーヒー淹れろって言うから淹れましたけど…その手に持ってるコップは…?(社長、自分で淹れてた)

 

社長、今日会議ですけど…?え、書類、どこにやったんですか…?(社長、このあとキンコーズまで走った)

 

社長、一つの会議の中で何回意見変えるんですか…?(無論、自分が意見を変えたことなど覚えていない)

 

社長、なんで怒ってるんですか…?

 

社長、これはあなたが出した指示ですよ…?

 

 

 

胃がキリキリする。

社長は会議のたびに知ったかぶりをし、あてずっぽうな発言をし、他社の人を混乱させる。

それを見て私はまた胃を痛める。

結果、仕事が減った。

私のではなく、会社の。

 

会社の中がピリピリしている、と言うよりは、社長が1人でピリピリしている。

なんでもないことでもイライラしながら話す。

 

私は社長が怒り出すと、どれだけ理不尽でもビビって声が出なくなる。

大学の頃は全くこんなことはなかった。

相手が間違ってると思ったら声をあげて指摘していた。

「いや〜社会に出て弱くなったなぁ」と思っていたが、最近気がついたことがある。

どうやら、怒られていることにビビっているのではなく、言葉が通じない相手に対してビビっているようなのだ。

 

私は幼い頃から、道端や電車の中で独り言を言うタイプの方によく絡まれる。

そのタイプの方を相手にすると、自分が正論だろうが間違っていようが、関係ないのだ。

向こうは向こうの(非常にオリジナルな)尺度を持って挑んでくるため、そこに常識など全く意味をなさないのだ。

社長に怒られている時の恐怖は、そのタイプの方に絡まれる恐怖にとてもよく似ている。

 

別に社長の頭がどうのとか、全く言う気は無い。

ただ私はそんな恐怖を感じながら今日も理不尽に怒られる。

 

この人生で、腹痛で電車を降りたことなどなかったが、今月もう2回も謎の腹痛に襲われて途中下車した。

なるほど、私がこの会社を辞める日も近い。

 

きらきら武士と恋をした話

今日は暖かい。

 

もう春が刻々と近付いているのを感じる。

私は春になるとどうしようもなく、ハッピーになる。

あっぱらっぱーなのだ。

 

すごく個人的に、春は恋の季節だ。

ムネのトキメク思い出はほとんどが春。

春の陽気を感じると、思い出す曲がある。

「知らねーよ」と叫びたくなる気持ちもわかるが、ぜひ聞いてほしい。

 

m.youtube.com

 レキシ/きらきら武士 feat.Deyonna

 

まずタイトルがおかしい。

でも、そこがいいのだ。

このタイトルのおかげで私は恋人ができた。

 

お相手は一つ年下。

大学のサークルの新入生歓迎会で知り合った。

率直にいえば、タイプだった。

黒髪、メガネ。服はダサいけど。

 

そのころ私には恋人がいた。

今考えても100%、私は最低だった。

恋人がいたのに関わらず、好きになってしまったのだ。

あ、やめて、怒らないで。

なにもこの恋を美化しようなんて思ってないんです。ただ単純に、昔あったことを書き残したいだけなんです。想い出として。もう二度と無い話として。だからその石を投げる手を止めて聞いてください。お願い。

 

そんなお相手をEとする。

私は一目でEを気に入った。と言っても、まだ「好き」とまではいっていない。

少し、興味があったのだ。

Eはよく笑う。笑い声が変だった。なんか甲高くて。

でもその笑い声が聞こえるたび、少し意識していた。

飲み会でも隣に座った。やっぱり変な笑い声で、でも話は面白かった。

すぐに連絡先を交換した。まぁ、新入生歓迎会なので、連絡先交換は先輩の義務だったのだが。

ラインで、他愛もない会話をした。

もう返事が来るだけでなんか嬉しい。

そのころ授業では陶磁を専攻していたので、毎日粘土をこねながら、iPhoneが鳴るたびに汚れた手ですぐ返信していた。

 

個人的に飲むようになるまで、そんなに時間はかからなかった。

 

私は深夜バイトをしていた。その最中も、Eとラインをしていた。

Eから、「今友達の家で飲んでるんですけど、バイト終わったら来ませんか?」ときた。

断る理由がない…!

早々にバイトを切り上げ、バイト友達を連れ、Eの元へ向かった。

あまり覚えていないが、先輩風を吹かせる為にコンビニで酒とお菓子を大量に買い込んだ気がする。

そして数日ぶりにEに会った。やはり服はダサかったが。

酒を開け、菓子を食い。はぁ〜〜〜今考えるといいですね大学生って。

そのとき、誰が言ったのかわからないが、なにかBGMを流すことになった。

私はしばらく前からハマっていたこの曲を推薦した。

まずタイトルを発表。ブーイングの嵐である。Eが一番けちょんけちょんに言っていた。

曲を流すと、次は歌詞に爆笑。

「武士って!!!」「どんなセンスですか!!」

笑われているのにも関わらず、その笑い声が聞けて少し嬉しかった。

 

その日の飲み会が終わってから数日経ったとき、Eからラインがきた。

「あの変な武士の曲、なんか頭から離れないんですけど笑」

武士効果、ここに極まれり。

あそこで無難な曲を流さなくてよかった…!

「じゃ、また武士の曲でも聞きながら、飲みにでも来ない?」

そんなこんなで飲み会を重ね、紆余曲折あり、私はEと付き合った。

 

ま、付き合ってみればEは結構なわがままで、ほとほと手を焼いたのち、一年経たずに別れてしまった。というかフラれた。

別れる間際は扱いもぞんざいで、大雪の日に一人で牛丼を買いに行かされた話とか、今では笑いのネタになるからいいのだが。

フラれた理由は「他に好きな人ができたから」。

諦めきれなかった私は散々Eを口説き、挙げ句の果てに「大学卒業するときまで好きでい続けたら、もう一度チャンスをくれないか」と頼み込んだ。

そのチャンスがくることはなかった。

でも、今でも街中でこの曲を聞くと、あのEの甲高い笑い声を思い出す。

 

女の子はめんどくさくて最高にかわいい

女ってめんどくせーーーーーーーー。

変なとこばっかり気にしてうじうじうじうじ…。

勝手に拗ねるし。

花占いとかすごい。めんどくささの権化。

すき、きらい、すき、きらい、っても~~~~花に聞かないで自分で決めんしゃい!!

 

そんなめんどくささを完璧に表現している曲がある。

 

藤原さくら 「かわいい」である。

 

www.youtube.com

 

 

軽快なウッドベースとピアノで、ちょっとジャジーな感じだ。

と言っても、ウッドベースがどんな音か知らんし、ジャジーの意味も知らん。

雰囲気で言ってみただけだ。

「スリー、フォー」と気の抜けた声で始まる。

pvの女の子の顔も気が抜けている。

おそらくこの子が藤原さくらだろう。

石原さとみとタヌキを1:9で足したような顔の女の子だ。

 

 

はじまりの歌詞はこうだ。

あなたから「かわいい」って言ってほしかったの
それだけなの
話の流れでも何でもいいから
触れてほしいの

この歌詞とpvから察するに、主役は高校生女子。

歌詞に出てくる「あなた」は友達、もしくは先輩だと見た。

仲は良い。だいぶ。でもまだ「友達」という距離から踏み込めないでいるようだ。

少し低めの、力の抜けている声。

 

気付いてほしくないのに やっぱり
気付いてよって思ってるの
あなたの優しいとこが好きなのに
一番嫌いよ

この時点でちょっとめんどくさい。

どっちやねん!!!!と突っ込みたくなる。

ねぇ好きなの?嫌いなの?はっきりせんかい!!

 

きっとばれたら終わっちゃうでしょ?わかってたから
何も言わずに笑ってたの

ははぁ~~~~~

めっちゃ好きである。

めっちゃ好きだけど、この「友達」関係を壊せないのだ。

ははぁ~~~~~

もどかしい気持ちを抱えたままサビに入る。

 

 そばにいるだけで もう十分だ 何もいらないや
君がいるだけで なんでも大丈夫だと思っているんだ

毎日毎日「友達」として会話をする。 そこに溢れ出んばかりの好意を秘めたまま。

個人的には「そばにいるだけで」の「で」で掠れた裏声を使うのがイイ。

pvでは体育館のような場所で藤原さくらが歌っている。

後ろには、体育座りで背中を向けた男性の馬鹿でかいパネル。

この大きさと同じくらい、「あなた」のことで心がいっぱいなのだろうか。

しかし「あなた」は背を向けている。

振り向いてもくれない。

そんな「あなた」の背中に向けて、一生懸命ラブソングを歌っているのだ。

 

あなたにとってはなんだってないことでしょ?
全部わかってるの
くだらないって笑ってもいいから
ただ隣にいさせてよ

きっとここから何も変わりはしないから
何も言わずに笑ってたの

もどかしさが音を立てて加速している…!

自分がこんなにも好きなのに、全然気づいてもらえない…。

でもそれでもいいと言うのだ。隣にいるだけで。

諦めている。もう、何も言わずに笑うしかない。

 

そばにいるだけで もう十分だ 何もいらないや
君がいるだけで 明日を待っていたい
こんなに愛おしい
手が触れるだけで もう十分だ 何もいらないや
君といるだけで なんでも大丈夫だと思っているんだ

も~~~~~~

めっちゃ好きやん~~~~~~~

手が触れたことなんて、相手は意識してないし覚えてもないだろう。

でもいいのだ。それで十分。

それだけで生きていけるのだ。

 

しかし、

このあとのCメロで事態は急変する。

 

 

 

 

ほんとは全部ウソなんだけどね

えっっっ

ウソなの??!?!

なんなんだよ!!さっきまでの健気さはいずこ??!!

 

私もっとわがままよ
抱きしめて欲しいってあたし…バカみたいね

くぅ~~~~~~

これが本性である。

さっきまで言っていた「そばにいるだけで もう十分だ 何もいらないや」は真っ赤なウソ。でもこれは必要なウソ。

こう言うしかない。こう言って納得するしかなかったのだ。

しかしながらここで思いが少しこぼれ出る。

本当はそばにいるだけじゃ全然足りない。抱きしめて欲しい。

そしてそんな自分を「バカみたい」と苦笑するのだ。

くぅ~~~~~~~~~~~やっぱり健気~~~~!!

私はここらへんで大体泣く。電車の中だろうと、仕事中だろうと。

 

そばにいるだけで もうさんざんだ なにも言えないや
君がいるだけで明日を待っていたい こんなに愛おしい
手が触れるだけで もうさんざんだ 息もできないや
君といるだけで なんでも大丈夫だと思っているんだ

人を好きになった時に「さんざん」と表現することは少ないんじゃないかと思う。

でも、ぴったりだ。

もう「さんざん」なのだ。

好きで好きで、でもどうすることもできなくて、参ってしまった時に、「さんざん」だと思うのだ。

 

この時の「こんなに愛おしい」の息の漏れ方。「こんなに」。

すごく良い。

好きな気持ちが息の量になって喉のキャパシティを超える感じ。

何言ってるかわからないと思うけど、そんな感じなのだ。

 

最後に黒い幕が閉じて終わる。

さっきまでの体育館はこの子の心の中なのでは、と思う。

黒い幕を閉じて、なにもなかったように笑って終わるのだ。

 

も~~~~~~めんどくさいけど最高にかわいい。

一途で健気で、でも全部ひっくるめてめんどくさくてかわいい。

 

 

 

 

23歳、小学生

私は7時50分に家を出る。

ちょうど近くの小学校の登校時間と丸かぶりしている。

 

小学生ってすげーーーー。

すっげーー邪魔。

私が歩いてようがお構いなしに、私を囲んで鬼ごっことかしてる。

完全に私を盾にして楽しんでる。

小学生のフェイントに私が惑わされてる。

ちょっと恥ずかしいからやめてほしい。

 

ある日は小学生女子がクイズの出し合いっこをしていた。

ほほえましいが横に三人並んでいるから最高に邪魔である。

小学生女子三人の後ろでいつ抜かそうかともたついていると、

そのうちの一人が唐突に出題した。

「じゃあね!わたし!わたしの、よる、着てる、パジャマの柄はなんでしょう!」

しらねーーー。

そんなことより早くどいてほしい。

「1、プリキュア、2、まいめろ…3、うーーーーんとね…」

考えちゃってる時点で3じゃねーよな。

 

今日の朝は、カラスか野良猫がいたずらしたのか、ごみ袋の中身が散乱していた。

それに群がる小学生たち。

「なにこれー!なにこれー!」と騒いでいる。

「だれだよやったのー!」と叫ぶ男の子に、もう一人がこう答えていた。

「カラスに決まってるだろ!だって、こんなの、人だったら……やべーもん!!」

全然理由になってない。

なってないけど妙に納得した。

そうだよな。こんなゴミ袋びりびりにしてる人、完全にやばい奴だもんな。

語彙力の無さがもたらした説得力である。

 

あと、後ろ向きに歩いている小学生男子を発見した。

一番先に出た感想は「いいなーーーー!」だった。

別に、後ろ向きに歩いて出社したいわけではない。

ただ、「後ろ向きに歩いてみたくなったから実践した」

その自由さがうらやましいのだ。

それに、確かに面白いかもしれないのだ。いつも見ている風景が違う方向に流れる。もしかしたら何かにぶつかるかもしれない、という緊張感。一歩一歩出す足も、後ろ向きだと不便だが、その不便さですら面白そうである。

私があと15年ほど若かったら、並んで後ろ向きに歩いていた。

この年だと無理だ。なにが無理かって一言では言えない。大人である、という責任。プライド。恥じらい。

大人になって出来ることも増えたが、同じくらい出来なくなったことも増えた。

明日もきっと、小学生を羨ましく、でも邪魔で疎ましく思いながら出社する。

 

広告を非表示にする

音楽

音楽が好きだ。

 

私は服にも食にも、あまりお金をかけない。

特別な日などは別だが、基本的にお金を使いたくない。

ケチなのだ。そのくせ見栄っ張りではあるが。

 

そんな私が高い金を出してよかった!と思うものが二つある。

イヤホンと靴だ。

靴については今回は置いておく。

イヤホンは友達と二人で買った。

そもそも私はあまり買う気ではなかったのだが、友達が熱心に選ぶ様子を見て、つい、同じものが欲しくなってしまったのだ。

説明書きを読み、視聴し、散々あれでもないこれでもないと騒いだ末、BOSEのイヤホンを買った。

私の当時の家賃の半分ほどの値だった。

私の家賃が安すぎたのもあるが。

だがそこまでの出費をしても、イヤホンを使うたびに、この買い物は正解だったと満足する。

 

たとえば朝、

私は電車が嫌いだ。

特に朝の電車。

貧血のせいもあるのか、頻繁に具合が悪くなる。

ホームに滑り込む電車。ギチギチに人が詰まっている。心底嫌だが、会社に行くため、働くため、お金を稼ぐため、生きるため。私は電車に乗り込む。冬だが暑い、いや、熱い。熱気がムンムンしている。時間帯もあってか、9割5分がおっさんだ。しかも会社や社会にドス黒い恨みを抱えたおっさん。そんなおっさんに溢れた車内は熱い。一駅もしないうちに息が詰まってくる。大きく深呼吸をしようものなら横のおっさんがすかさず臭ってくる。同じく社会で戦うソルジャーとして、悪くは言いたくないが、おっさんはほとんどが臭い。前もおっさん。後ろもおっさん。右も左もおっさん。繰り返すが、おっさんはほとんどが臭い。

つらい…。

私は満員の中、電車が揺れた隙を狙ってポケットからイヤホンを出す。横のおっさんを刺激しないように縮こまりながら装着する。先程のに付け足すが、おっさんはほとんどが臭いし怒りっぽい。ひじでつつこうものならすぐ舌打ちが飛んでくる。そんなおっさん達に気を使いながら曲を流す。

一瞬の間。音楽が流れ込む。

途端、車内は私から離れて行く。

私が車内から離れたのか、わからないが、とにかく私はこの修羅場から遠く離れることができる。さようなら、おっさん。

 

本当にこのイヤホンには感謝している。

イヤホンにもだが、私は音楽にも感謝している。

 

音楽が好きだ。低音も、高音も。ビートもメロディも。

洋楽も邦楽もクラシックも。歌詞を味わうのもいいが、そのメロディを支える低音やリズムを味わうのも好きだ。盛り上がるサビも好きだが、それ以外の部分も無論好きだ。

バラードもアップテンポもいい。

音楽には意志がある。表現したいことがあって、それを支える音、音、音。全てに意味があるから好きだ。じっくり聞くと、何気なく聞き流していた音がとても大きな効果を生み出していることに気がつく。

それに音楽は常に進化している。毎日のように新曲であふれている。毎日新しい出会いがある。飽きない。飽きられない。

 

広告を非表示にする

三日坊主にならないといいな

4日前に23歳になったし、切りもいい気がするので今日から日記をつけようと思う。

 

ちなみに、はてなブログに登録しようとしたら「このメールアドレスは使用できません」と表示された。

まさかと思って普段使っているパスワードでログインしてみたら案の定、私は2013年にはてなブログを開設していた。そして一度投稿しただけで満足してしまい、完全に存在を忘れていた。あほすぎる。

しかもタイトル「初記事!」内容は「今日から始めます 三日坊主にならないといいな」

四年かけたコントかよ。

もしかしたら「三日坊主にならないといいな」なんて他人事のように言ってる時点で終わっていたのかもしれない。