責任持ちたくないよ〜〜自由に生きたい〜〜〜〜

最近発見したことがある。


友人に「ライン返すの遅い人なの?」と聞かれた。

実は全然早い人である。だいしゅきな恋人には爆速で返している。

だってしゅきだから〜〜〜しゅきぴ〜〜〜〜〜

だが、友人のことはそんなにしゅきではない。飲みの誘いが面倒くさいから見なかったことにしてしまうのだ。(私はこれを”熟成”と呼んでいる)

「ん〜〜遅い方かも〜〜」と当たり障りのない返事を返した。

「まぁ別にいいんだけどね〜」友人の言葉を聞きながら、すまないねぇなんて言っていた。


でも、なんで面倒くさいんだろう?

飲みに行ったら楽しいのはいい加減わかっているのに。

じゃあ1時間だけ…とか言って終電までカラオケで歌い倒すことなんて何度もあるのに。

飲みに誘われたときの、とりあえず断りたくなっちゃう気持ちはなんなんだろう?

と考えて、気付いたんですが。


私予定が入るのがすごく苦手みたいなんですね。

まず、時間を拘束されることが息苦しい。

次に、なんだろう、責任を持ちたくない。

「飲む」という予定を立ててしまった責任。

今日飲もうよと誘われた瞬間に、「早く帰らないと明日の仕事に影響が出るな…」「今日は飲むのに万全な体調かな?そういやちょっと頭が痛いかも…」等々、0.5秒くらいで頭の中をかけめぐる。

それで、ん〜〜〜〜とりあえず熟成しよっ。となるのだ。

で、17時くらいになって一旦断る。

「今日は無理〜」とかスタンプで返しちゃう。

すると友人から「本当に?絶対?」と念押しがくる。

「だって明日も仕事だし…」「なんか頭痛い気がするし…」とかぐちぐち言うが、結局行くのだ。

「じゃあ20時に駅な」とか言って、近々の時間で待ち合わせさせて相手が遅刻したら怒る。

5分遅れてる友人に平気で「もう帰るよ?」とか言ってる。

あれ〜〜〜最低じゃ〜〜〜ん???

だったら早く決断して早めに待ち合わせ時間決めたれよ〜〜〜〜〜

いえ〜〜〜〜〜い


責任といえば、もう一つある。

私は飲み物をシェアするのが好きだ。

よく家で姉と缶ビールを分けっこしたがる。

姉は一本丸々独り占めしたいタイプらしいので大体断られてしまうのだが。

たぶんこれも責任を持ちたくない心理からきているようだ。

一本飲みきれなかったらどうしよう…

炭酸だからとっておけないし…

もうイナフな感じになったら無理して飲みたくないし…

でも飲みたいし…

で、生まれる発想がシェア。

飲みきれなかったら飲んでもらおう大作戦なのだ。

まぁ実際缶ビール一本なんか余裕なわけで。

シェアする必要なんて全くないわけで。

それでもシェアしたくなっちゃうのは、もうこれ性格なんだろうな〜って。


シェアはともかく、友人との予定は大切にしていきたいですね。

反省反省。